オリーブオイルとコレステロールについて

健康診断でコレステロールの値が高すぎると診断された人は、食事の改善を始めてみてはいかがでしょうか。高コレステロール、高エネルギーの食事を続けることによって悪玉コレステロールが増えてしまった人は、これを抑制する食べ物を取って、コレステロール値が改善するように努めましょう。動物性脂肪や乳製品の脂肪には飽和脂肪酸が多く含まれています。飽和脂肪酸は中性脂肪やコレステロールを増加させ、血中に増えすぎると動脈硬化などの原因になりますので注意しなくてはいけません。油っこい食事が好きな人は気を付けた方がよいでしょう。

オリーブオイルに多く含まれるオレイン酸は、悪玉コレステロールを減少させる効果があります。地中海型の食事は脂肪の摂取量が多いのに心疾患が少ないのですが、その理由にはオリーブオイルの摂取量が多いことがあります。オリーブオイルには他の一般的に使われている油に比べてオレイン酸の量が多いです。オレイン酸にLDLコレステロールを低下させる効果があることが確認されています。オリーブオイルはスーパーでも簡単に手に入れることができます。一般的に料理用として使われているサラダ油に比べると価格は高いですが、健康のために油を見直してみてはいかがでしょうか。毎日の料理に油を使う機会は多いです。

健康面が気になる方は、できるだけ自炊にして品質が良い油に変えてみるのもよいでしょう。オレイン酸を豊富に含むオリーブオイルを日常的な料理に使ってみてはいかがでしょうか。また、朝食はトーストという方も多いでしょうが、トーストに塗るバターやマーガリンの代わりにオリーブオイルを使うというのもよいでしょう。レストランではパンにオリーブオイルが添えられることもあります。パンにオリーブオイルをつけて食べると美味しいだけでなく、オリーブオイルのオレイン酸を手軽に摂取することができます。コレステロール値を改善したい方は、オリーブオイルに注目してはいかがでしょうか。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>