ダイエットと筋肉

体重を気にしてダイエットをする方は「体重」が減ったことでダイエットが成功したと思うのでしょうが、実はそれが間違っていることもあります。

ダイエットは体重を落とすことではなく、体脂肪率や筋肉量を意識することの方が大切なのです。
bs4
じつは脂肪を燃焼する場所は筋肉なのです。ミトコンドリアという筋肉細胞にある小器官のなかで脂肪は燃焼します。ですから筋肉量が少ない人は脂肪を大量には燃やせないのです。

極端な食事制限や全くお肉を食べない、炭水化物を摂らないようなダイエットをすると筋肉がどんどん落ちていきます。もちろん体重が落ちるので、ダイエットが成功したように思いますが、必ずリバウンドします。食べたものが脂肪に変わってしまうからです。

また、ダイエットのために有酸素運動だけをする場合もかえって内臓脂肪が増えて、お腹がぽっこりしてしまうような体型になりかねません。有酸素運動はストレス解消になりますし、生活習慣病の予防や改善にとても良いので健康のためにはおススメですが、有酸素運動だけでダイエットをするのは危険です。
筋肉をつけてから有酸素運動を行うか、筋トレと有酸素運動の両方を行うことが大切です。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>