水道水を飲むなら煮沸してからが良い?その理由とは?

日本の水道水は世界の中でも最も安全と言われています。
因みに、世界の中でも水道の水を直接飲む事が出来るのは15か国と言われていますが、海外旅行に出かけた人の多くは水道の蛇口から給水される水を飲むのではなく、ミネラルウォーターを利用するケースが多いわけですが、日本以外の水道水はお腹を壊すのではないかと言った不安があるからなのです。

尚、日本の水道水には塩素と呼ばれる成分が含まれていますが、塩素は消毒を行う目的で利用される成分です。
また、水道の水には塩素以外にも様々な成分が含まれており、アルミニウムやトリハロメタンと言った物質も含まれているのが特徴です。

塩素は消毒を行う目的で使われている成分であり、強い殺菌効果が在る為、安全な状態で水を飲む事が出来ると言う事です。
また、日本の水に含まれる塩素濃度は世界の中でもトップクラスと言う事からも、世界の中では最も安全な水だと言われています。

アルミニウムは水道の水の中に在る粉金ゴミやチリなどを沈殿させて取り除くのに利用する成分に含まれているもので、アルツハイマーを引き起こすとも言われています。
また、トリハロメタンは塩素を使って水を消毒する際に発生する物質で発がん性を持つとも言われているのです。

尚、水道の水を直接飲むのではなく沸騰させることで安全な状態になると言う理由は、水道水に含まれている物質を除去させる効果があるからです。

例えば、塩素と言う成分は水道水には微量に含まれている成分ではありますが、そのまま飲む事で体内に蓄積されます。
しかし、塩素は沸騰させることで取り除くことが出来ますし、そのまま飲むと塩素の臭いがしますが、沸騰させる事で取り除けるので塩素の臭いがしなくなると言うメリットも在ります。

尚、水道の水を沸騰させる時には15分以上沸騰させることが良いと言われていますが、トリハロメタンは沸騰させることで3倍の量に増える性質が在り、そのまま沸騰し続ける事で減少すると言う性質が在る為です。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>