睡眠の質とダイエットの関係

やっと痩せたのにリバウンドしてしまう。頑張っているのに効果が出ない。などなど、女性にとってダイエットは永遠のテーマです。

米コロンビア大学では、睡眠と肥満の関係性につていの研究がされていますが、日常的に7~9時間眠る人の肥満度は低いのに対して、5時間だと肥満率が50%高く、4時間以下では73%も高いという結果が報告されています。
bs8
このように、ダイエットの効果が出ない理由に睡眠が関係している可能性が高いことが分かってきています。
なので、睡眠時間が不足すると日中の体の動きが鈍り、ダイエットのためのエクササイズをしていても、期待通りの結果に至らないことになります。

睡眠改善で知名度が上がってきているものに「グリシン」があります。
参考・・・グリシンサプリの効果・副作用ガイド

また、睡眠時間が足りていてもその質に問題がある場合などもダイエットに悪い影響を及ぼします。無呼吸症候群などの睡眠障害を持つ人や夜中に何度も目が覚めてしまう状態では十分に眠ったとは言えません。

寝ている間に出る成長ホルモンはやせホルモンと言われ、太りにくい体にする働きがあります。成長ホルモンのためにも良質な睡眠が必要です。

痩せるために必要な睡眠としていくつか挙げてみましょう。
①就寝、起床時間が決まっている。
②睡眠時間が確保できている。
③睡眠の環境(温度・音・証明など)は整っている。
④睡眠障害はない。
⑤夜食を食べない。

以上のようなことに留意していれば、良質な睡眠を得ることができ、ダイエット効果がアップすること間違いありません。

そもそも私たちが普通にダイエットと言っているのは、痩せるための行動を指しています。
では、「ダイエット」というコトバの意味は?。「diet」とは「規定食」という意味です。

ウィキペディアによるとダイエットとは、
・人や動物や共同体が習慣的に摂る食品のこと。
・健康のため、美容のため、肥満の防止や解消のため、食事を制限すること。
と記載されています。

また、栄養過多で肥満に陥ってしまっている人の数が非常に多く、結果としてダイエットを行う人の比率が多いため、ダイエットを”痩せるための規定食”という意味で使われている、ともされています。

厚生労働省が2008年度からメタボリックシンドロームの予防・改善を目的とする新しい検診制度を導入する計画を打ち出したころから、「メタボ」に対する関心が高まり、それまで女性だけのものであった「ダイエット」は性別・年齢に関係なくみんなが使うようになりました。

近年では、特に健康に対する関心が高まり、とりあえず太り過ぎは健康的ではないという風潮もあることから、ダイエットに関する情報があふれています。
私たちはたくさんある情報の中から、自分にあったものを選んで健康的にダイエットをすることが重要です。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>